幅広い芸能〜のblog

芸能ニュースを主に更新していきます。
ドラマなども好きなのであの時のキュンとしたシーンも載せたりもします。
これ面白い!をモットーに日々更新していきます!
目にとまりましたらフォローよろしくお願いいたします。

    カテゴリ: ドラマシーン


    新垣 結衣(あらがき ゆい、1988年6月11日 - )は、日本の女優、歌手、ファッションモデル。主な愛称はガッキー。沖縄県出身。レプロエンタテインメント所属。 2001年、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者であった姉に「私は(年齢的に)もうできないから」と推されてモデル(ニ
    52キロバイト (5,662 語) - 2018年11月6日 (火) 05:49



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    オープンに怖いというより本当静かに怖いって感じ・・
    演技するの大変だっただろうな・・

    1 muffin ★ :2018/11/08(木) 11:51:30.14 ID:CAP_USER9.net

    https://thetv.jp/news/detail/168594/
    2018/11/08 10:20

    11月7日(水)に、新垣結衣と松田龍平のW主演作「獣になれない私たち」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第5話が放送され、晶(新垣)の心が崩壊寸前の中、オフィスで「幸せなら手をたたこう」の鼻歌を歌い続けながら淡々と仕事をこなしていくシーンが話題になった。

    今作は、笑顔の裏で身も心もすり減らして生きている晶と、人当たりは良いが誰のことも信用していない恒星(松田)によるラブ“かもしれない”ストーリー。

    第5話で晶は、恋人・京谷(田中圭)の家にウサギと一緒に住み続ける元彼女・朱里(黒木華)と対峙した。
    中略
    そんなどうしようもない環境の中で、晶の心は静かに壊れ始めていった。

    プライベートが最悪の状況にあっても、容赦なく舞い込む仕事を前に、晶は童謡「幸せなら手をたたこう」のリズムで鼻歌をし始める。普段から仕事のできる晶だが、それ以上の働きで淡々とこなし、乾いた笑顔を浮かべながら、ただただ延々と鼻歌を奏でる。脳内では「幸せなら手をたたこう(パンパンッ)」と、暗闇の中で手を叩くイメージが再生され、打ち鳴らす手の大きな音で日常をかき消しているかのよう。

    この不気味かつ、悲しくむなしい鼻歌のシーンに、多数の視聴者が引き込まれた。

    「スタイリッシュなオフィスの絵面で、背景に延々と『幸せなら手をたたこう』の鼻歌が流れる演出、怖かったな。ドラマ史上に残る怖さ」「『幸せなら手をたたこう』頭から離れないーーー」「自分は幸せなんだって思いこもうとする晶さんの姿、辛い」「晶がゾーンに入ってしまった感じ、自分も張り付いた笑顔で淡々と長時間労働していたの思い出して、背筋が凍った」「エヴァの映画で観た『今日の日はさようなら』のような演出、好き。より辛さ増すやつね」と、SNSでは晶の心情を表現した演出への評価が集まった。


    【【ドラマ】「獣になれない私たち」新垣結衣が静かに怖い…怖すぎる…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    名前もインパクトあるし、動画見たけど演技も緊迫してて、ドキドキした☆

    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/11/08(木) 18:26:13.14 ID:CAP_USER9.net

    2018-11-08 12:03
     7日放送のテレビ朝日系ドラマ『相棒 Season17』の4話で、“シャブ山シャブ子”という強烈すぎる名前のキャラクターが登場し、「演技が怖すぎて話の内容が全く入ってこない!」「これはトラウマになる…」とネット上が騒然とした。トレンドワードにも入り、現在も話題となっている。

     シャブ山シャブ子は名前の通り覚醒剤中毒者で、髪はボサボサ、目の焦点があっておらず、服もタンクトップに短パンと明らかに異様な雰囲気の女性だ。番組終盤に登場し、
    日中の公園で電話している生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)にフラフラと近づいてきて、右手に持っていたハンマーでいきなり百田を襲撃する。何度も殴って百田を*た直後、発狂したように「ワハハ!」と奇声を発しながらうろついた。

     次は取調室でのシーンとなるが、名前を聞かれると「シャブ山シャブ子です!17歳です!」と不気味なテンションで回答する(実際の役名は西田信子で年齢は43歳)。
    出演はここまでで、時間にしてわずか1分ほどだったが、強烈なルックスと暴行シーンの怪演、そしてインパクトの強すぎる名前で視聴者の心に大きな印象を残した。

     放送直後から「ジャブ山シャブ子*ほど怖かった…」「シャブ山シャブ子のせいで最後のほう全然頭に入ってこなかった」「出演自体は1分くらいなのに、絶対に忘れられない」など反響が続々。
    トレンドワードの上位にも入り、角田課長役で出演する山西惇も「シャブ山シャブ子、トレンド入り!?」とつぶやくなど、大きな盛り上がりを見せている。

     なお、シャブ山シャブ子こと西田信子を演じたのは、女優の江藤あや。自身のTwitterで反響をリツイートしている。

    https://www.oricon.co.jp/news/2123061/full/
    (最終更新:2018-11-08 17:48)


    【【芸能】『相棒』の強烈キャラ シャブ山シャブ子 の正体は??】の続きを読む



    (出典 ironna.jp)


    これに居合わせたらすごいだろうな☆
    豪華なメンバー一度拝見したい☆

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/02(金) 06:34:11.21 ID:CAP_USER9.net

    「ひと言で言うなら、生き切った感じ。役と同化して、あまりにも多くの死を見てきたので、*恐怖もなくやっと自分の番が来た、とすがすがしかった」

    10月29日にクランクアップした大河ドラマ『西郷どん』。西郷隆盛を演じる主演の鈴木亮平は、クランクアップ会見で、冒頭のように最期を演じた場面について語った。

    中指を立てながら

    「大久保利通を演じる瑛太さんらと、当初は方言に苦労したようですが、現在は明治編に突入。現場の雰囲気もいいままに、物語は佳境を迎えます」(テレビ誌ライター)

    会見が行われた翌日、都内にある高級ホテルでは打ち上げが行われ、豪華なメンバーが一堂に会した。

    「西田敏行さんや黒木華さん、塚地武雅さんや北川景子さんらがホテルのロビーに姿を現すと、居合わせた一般のお客さんは騒然としていましたね」(会の参加者)

    2次会も近くのレストランで行われたが、この日はハロウィンの前日。お酒が入ると、閑静な住宅街にあるこのお店の前でもフィーバーは起こった。

    「青木崇高さんと北村有起哉さんが仮装姿で店を出てきた際、NHKのスタッフが張り込みをしているカメラマンたちに気がついて中指を立てながら、“記者がいる”と説明したようなんです。

    2人は威嚇(いかく)するスタッフとは対照的に、楽しそうに手に持ったステッキのようなものを振り回して、カメラに向かってポーズを決めているようでしたよ(笑)」(目撃した女性)

    その後、一行は少し離れた個室ダイニングへと移動。二階堂ふみらは3次会まで参加し、朝まで宴は続いたのだった――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00013711-jprime-ent
    11/2(金) 6:00配信


    【【芸能】『西郷どん』とにかく豪華メンバーが!】の続きを読む



    (出典 www.ntv.co.jp)


    何か見たけどあのシーンあれはあれで良かったって思うよ☆

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/01(木) 12:35:30.81 ID:CAP_USER9.net

    10月31日(水)に、新垣結衣と松田龍平のW主演作「獣になれない私たち」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第4話が放送され、
    新垣と松田がベッドの上で繰り広げた“大人の会話”に、多くの視聴者が「クラクラする!」「色気がやばい」「会話も行動もリアルすぎ」とドキドキさせられた。(以下、ネタバレが含まれます)

    今作は、笑顔の裏で身も心もすり減らして生きている晶(新垣)と、人当たりは良いが誰のことも信用していない恒星(松田)によるラブ“かもしれない”ストーリー。
    行きつけのクラフトビールバー「5tap」で出会ったふたりが、人前で見せる顔の裏で何を思っているのかをぶつけ合っていく。

    第4話は、晶と恒星、そして晶の恋人・京谷(田中圭)の関係が大きく動いた。

    京谷の家に住み続ける元彼女・朱里(黒木華)の問題で、晶と京谷がケンカ。晶が「5tap」を去った夜、京谷は呉羽(菊地凛子)からキスをされ、一夜を明かしてしまう。

    翌日、晶は連絡の取れない京谷がスマホを紛失したと知る。晶はスマホをなぜか呉羽が持っていると聞いて呉羽の元へ向かうと、
    「普通だったよ。ヤッてみたけど。あれくらいの男ならゴリョゴリョ(ゴロゴロ)いる」と、あっけらかんと昨夜の報告をされる。

    気が動転した晶は恒星の事務所に駆け込み、恒星に「呉羽の狂言だよ」と慰められる。しかし帰宅して京谷に昨夜の出来事を認められてしまい、家を飛び出すしかなかった。

    向かった先は「5tap」。晶は再び恒星にたっぷり話を聞いてもらい、しこたまビールを飲む。途中で社長・九十九(山内圭哉)からひっきりなしにメッセージが届くが、恒星は「既読からのオフ。
    九十九オフ! ビールくらい好きに飲むんだろ」とスマホの電源を切ったり、京谷と呉羽を「バカだな、バカ同士。バカバカしい」とぶった斬り、晶を励ます。

    最後のビールに口を付けた晶は「バカになれたら楽なのに…。バカに、なります?」と恒星を誘い、2人は恒星の事務所へ。

    晶と恒星は、キスするでもなくベッドに倒れ込むでもなく。
    京谷と呉羽が普段どんなキスをするかという話や、恋人になめられているのではないかという疑念を語り合い「あれだなー酒が足らない」とラム酒を飲み交わす。

    ベッドの上で見つめ合い「で?キスする?しない?」と“大人の会話”をしつつも、勢いにまかせて関係を持ってしまうような2人ではなかった。
    それは意図的ではなく、お酒が強いわけではない恒星が晶の首元にキスしながら眠ってしまっただけかもしれないが。
    晶は「ふふ、最中に寝るようなオトコ…(笑)」と静かに爆笑し、事務所を後にするのだった。

    この、恒星の事務所シーンが、視聴者を釘付けにした。「2人のラム酒に酔いそう!クラクラする!」
    「松田龍平の色気がやばい」「ベッドの上の会話も行動もリアルすぎ」とSNSはドキドキするドラマファンの声に包まれた。

    野球延長で1時間15分遅れての放送となったが、第1~3話に比べて少々刺激の強い“大人回”だっただけに、偶然とはいえ夜が深まる時間帯にピッタリの放送となった。

    次回、11月7日(水)放送の第5話は、晶は朱里と向き合うため、京谷のマンションへ行く。
    晶は朱里と自分の違いを改めて突き付けられ、今まで以上に笑顔で仕事をこなすようになる。
    一方、晶と一夜を共にしたと聞いて逆上した京谷に殴られた恒星は、呉羽の夫の名前をPCで検索し、その意外な正体を知る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00167754-the_tv-ent
    11/1(木) 9:59配信


    【【芸能】新垣結衣と松田龍平の“大人な場面”】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)


    視聴率は伸びてないかもだけど、結構面白いとおもうけどな☆
    ドキドキするし・・

    1 悪魔のいけにえ ★ :2018/10/31(水) 22:45:20.89 ID:CAP_USER9.net

    女優の有村架純さんが主演を務める連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が30日に放送され、ラスト約3分で繰り広げられた“修羅場”展開に視聴者からは「怒濤(どとう)の展開過ぎた……マジ地獄」「震え止まらん」「いわゆるこれがカオス」といった声が相次いだ。

     第4話では、末永聖(有村さん)たちの街で花火大会が行われた。中盤からは聖と、彼女に思いを寄せる教え子の黒岩晶(岡田健史さん)、晶に片思いするるな(小野莉奈さん)、聖の婚約者・勝太郎(町田啓太さん)、勝太郎の上司・原口(吉田羊さん)が同じ花火会場にいる中、ストーリーが展開した。

     ラスト3分で、聖と晶が二人きりになり関係が進展してしまう描写から、手をつないで歩く聖と晶、勝太郎、そして晶の母・愛子(夏川結衣さん)が鉢合わせする修羅場展開になった。
    SNSでは「来週はどうなっちゃうんだあ」「見ていられない感というか……でも見ちゃう」「来週見るのがツラいが待ち遠しい」と次回に期待を寄せる声が挙がった。

     「中学聖日記」は、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)でかわかみじゅんこさんが連載中の同名マンガが原作。片田舎の中学校を舞台に、有村さん演じる女性教師・聖とその教え子の男子中学生・晶との“禁断の純愛”を描く。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000017-mantan-ent


    【【ドラマ】 <中学聖日記>ラスト3分の“修羅場”】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    頭の回転早い人やないとみるの難しいの??まだ録画してて見てないけど前回見てなかったら厳しいのかな??

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/23(火) 20:52:11.93 ID:CAP_USER9.net

    阿部寛が主演を務める連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第2話が10月21日に放送され、
    平均視聴率は初回から1.5ポイントダウンの12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となった。まずまずの数字ともいえるが、
    2015年に放送された前シリーズと比べると「期待外れ」という印象も広がりつつある。
    このまま視聴率が下落を続ければ、予想外の1ケタ台突入という事態も考えられるだけに、テコ入れが急務といえるだろう。

    第2話では、佃航平(阿部)が社長を務める佃製作所が新しい事業として取り組み始めたトランスミッションの納品先であるギアゴーストが経営危機に直面。
    ライバル会社のケーマシナリーが特許侵害を指摘し、顧問弁護士の中川京一(池畑慎之介)を通して15億円のライセンス使用料を要求してきたためだ。

    中川といえば、前シリーズでもナカシマ工業の顧問弁護士として登場し、今回と同じように特許侵害訴訟を起こしてきた悪徳弁護士。
    そのときは勝利を勝ち取った佃製作所だったが、今回も新事業を中川に邪魔される展開に。

    そこで、佃製作所の顧問弁護士・神谷修一(恵俊彰)のアドバイスを受け、ギアゴーストと協力して、
    逆にケーマシナリーが特許侵害を*ていないかを調べ上げ、うまくいけば“クロスライセンス契約”に持ち込むという作戦に出たのだった。

    だが、結局は特許侵害を*ている部品を見つけることができず。
    しかし、最終的には佃は出資者となることを決断し、ギアゴーストとともに歩んでいくことを決めたのだった。
    そして、実はその裏で佃製作所側に、ケーマシナリー側の中川とつながっているスパイがいるのか? と思わせたところでエンディングを迎えた。

    すでに、原作者の池井戸潤のファン、前シリーズのファンを取り込んでいるだけあって全体的には「熱くて面白かった」「2作目もとても面白い」「ハラハラドキドキの展開。

    来週も楽しみだ!」という声が続出しているが、一部では展開の早さを指摘する声も。

    というのも、今回の続編では再び中川が登場し、前シリーズを見ていることが前提で話が展開されていったためだ。
    当然、視聴者のなかには前シリーズを見てなかったりする人も多数いるはずだ。

    それにもかかわらず、いきなり「うちは(悪徳弁護士の)蛇野郎に勝ったじゃないですか!」と啖呵を切られてもまったく話の展開についていけない。

    そのため「テレビの下町ロケット。詰め込み過ぎで、原作を読んでいないと話についていけないレベル」
    「下町ロケット、前のを見てなかったから話についていけない」「なんかジェットコースター並みの展開。早すぎる」
    「下町ロケット、話が難しすぎてわからない」という声もあがり始めている。

    ところどころ前シリーズの説明が入っている箇所もあるにはあるが、なにゆえ本編も「ギアゴーストのトランスミッション開発」と
    「帝国重工のロケット事業、バブル開発」が同時進行で展開されていっているため、
    今回から初めて『下町ロケット』を見始めた人にとっては情報量が多すぎて処理しきれないのだ。

    それに加えて、登場人物も非常に多いわけだが、こちらもすでに「視聴者は知っている」という前提で話が展開されていくため、
    もはや誰がどの会社に属していて、一体何をしている人なのかということすらわからないまま、第2話も終わってしまったという人も多くいることだろう。

    やはり続編を意識し過ぎるあまり、初めて見る視聴者も大勢いることを忘れてしまった製作者側に責任があるのではないだろうか。
    現状では、新規視聴者の獲得に苦労しているように見受けられる。

    早くも、前シリーズが大ヒットを記録したという驕りが仇となり始めた『下町ロケット』。このまま下火にならなければいいのだが。

    http://dailynewsonline.jp/article/1547197/
    2018.10.23 19:30 ビジネスジャーナル


    【【芸能】『下町ロケット』展開早すぎて視聴率もまた落ちる】の続きを読む


    中村 (なかむら ともや、1986年12月24日 - )は、日本の俳優である。旧芸名は中村 友也(読み同じ)。東京都出身。トップコート所属。 高校1年生のときに所属事務所からスカウトを受ける。所属事務所の養成所Artist☆Artistにて、演技を学ぶ。2005年、映画『七人の弔』で俳優デビュ
    25キロバイト (3,281 語) - 2018年10月22日 (月) 23:13



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    情報を知れば知るほどゲストが豪華だな☆
    若い役者をあえて使わないのは味を出すためなのかな??

    1 湛然 ★ :2018/09/24(月) 05:04:36.42 ID:CAP_USER9.net

    9/24(月) 5:00 オリコン
    城田優、『今日俺』で“最恐ラスボス” 中村倫也、須賀健太らがメインゲスト出演

     俳優・賀来賢人が主演する10月14日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『今日から俺は!!』(毎週日曜 後10:30)の物語の核となる敵役を演じるメインゲストが発表され、城田優、中村倫也、須賀健太らの起用が決定。城田は「福田組で初めて一切笑いをとらない役どころを演じさせていただきました。とにかく最恐のラスボスを作り上げることに徹しました。また、お茶の間に嫌わることでしょう(笑)」と手応えをにじませている。

     同作は4000万部超えの西森博之氏の人気コミックを『勇者ヨシヒコ』『銀魂』シリーズで知られる福田雄一監督が実写化。ドラマは原作のまま80年代を舞台に、ヒキョーな手を使っても悪党どもは必ずぶっ倒す正義(?)のツッパリ三橋(賀来)と相棒の伊藤(伊藤健太郎)やバカな野郎どもによる青春コメディーを描く。

     福田組常連の、城田、中村のほか戸塚純貴・勝矢・坂田聡、舞台を中心に活躍の幅を広げる若手俳優の平埜生成や池田純矢。さらに福田組初参戦となる、須賀、阿部亮平、渋谷謙人、波岡一喜らが悪党として暴れまわる。

     中村が演じたのは洗練されたファッションに身を包み、三橋と伊藤をひたすらイラつかせるシティ派の不良。「ふざけてなんぼの福田組で、まさかのボケ禁止令発動。台本からはみ出すことばかり要求されてきたのに! 普通に演じることが、この組ではむず痒(がゆ)くて落ち着かない! なんか嫌だあ! そんな気持ちを押し*、頑張ってチャラついた男を演じました。あ、久しぶりにアクションも頑張りました。ぜひ観てやってくださいませ」とアピールする。

     念願の福田組に初参加となった須賀は「こんな嬉しい事はないっ!! お話をいただいた時はどんなアドリブやれるんだろうなぁ? とワクワクしていました! しかしふたを開ければアドリブゼロ! っていうより僕、笑いゼロ!」とイメージとのギャップに驚きつつ「ですがそれ以上にトリッキーで刺激的な役を頂きました…ぜひお楽しみに」と期待をあおっている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    城田優、中村倫也、須賀健太らが『今日から俺は!!』のメインゲストに起用 (C)日本テレビ

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000333-oric-ent


    【【ドラマ】『今日俺』で最恐ラスボス 中村倫也が登場】の続きを読む

    このページのトップヘ