幅広い芸能〜のblog

芸能ニュースを主に更新していきます。
ドラマなども好きなのであの時のキュンとしたシーンも載せたりもします。
これ面白い!をモットーに日々更新していきます!
目にとまりましたらフォローよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > 女優


    真野 恵里(まの えりな、1991年4月11日 - )は、日本の女優、歌手。元ハロー!プロジェクトメンバー。 神奈川県出身。ジャストプロ所属。 ハロプロエッグ以前 松浦亜弥に憧れて『ハロプロ エッグ オーディション2004』に応募したが、落選した。翌2005年に『アップフロントグループ『エッグ』オーディション』に再応募した。
    80キロバイト (9,454 語) - 2018年10月19日 (金) 21:20



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    今日本にいるなんてビックリだし、仕事してるんだね☆
    でも主演だけに冷や冷やしただろうね・・

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/14(水) 06:30:36.15 ID:CAP_USER9.net

     女優の真野恵里菜(27)が13日、都内で主演映画「青の帰り道」(12月7日公開・藤井道人監督)完成披露試写会で舞台あいさつした。

     撮影中だった2016年8月、元俳優の高畑裕太さん(25)が強*(ごうかん)致傷容疑で逮捕され、撮影が中断。代役に戸塚純貴(26)を立てて完成した。真野は「今日まで大切に大切にしてきた作品。色んな感情がうずまいている」とあいさつした後、他のキャストが話しているのを見て思わず涙。「初日は先なので、まだ油断はできないんですけど…。誰かしゃべって」と泣き声で続けた。

     作品は東京近郊の高校で育った同級生7人のその後の人生を追った青春もの。真野は歌手を夢見て上京するカナを演じた。

     真野は7月にサッカー日本代表MFの柴崎岳(26)=ヘタフェ=と結婚しスペインへ移住。10月に一時帰国してから初の芸能イベントだった。

    11/14(水) 6:07配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000321-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】真野恵里菜 映画完成に涙】の続きを読む


    (ありむら かすみ、1993年2月13日 - )は、日本の女優。兵庫県伊丹市出身。フラーム所属。 2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校在学中に、FLaMmeのオーディションを受けて合格した。 2010年1月、サンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」が芸能界の初仕事となり、4月に親元を離れて上京。
    51キロバイト (6,683 語) - 2018年10月11日 (木) 12:14



    (出典 img.cinematoday.jp)


    ドラマ見てると肌のつやがすごいもん☆綺麗すぎる☆
    あざといな~って♡

    1 膳摩漏 ★ :2018/11/14(水) 00:55:46.59 ID:CAP_USER9.net

    女優の有村架純(25)が10日、自身のインスタグラムに投稿した内容が話題となっている。先日の投稿ではマネージャーが撮った有村の写真をアップしたところ、ファンから「可愛い」とたくさんの反響が寄せられていた。今回の投稿では、赤いリップを塗った大人っぽい横顔の写真を公開した。

     あまりの色っぽさに、ファンからは「大人な架純さんもステキです」「超絶横顔が綺麗だし美人です!ポニーテールが似合っていますね!!綺麗だし美人すぎるよ!!天使!!」「架純ちゃん横顔セクシーだなぁ~~~~」「大人の女性の雰囲気が醸し出す綺麗な横顔ですね!リップが映えてます」「大人の色気が出てて素敵です! 癒されます」などのコメントがたくさん寄せられている。

     現在放送中のドラマ『中学聖日記』(TBS系列)では、婚約者がいながらも10歳年下の中学生の教え子に恋心を抱いてしまう女教師役を演じている有村。その役柄もあってか、最近は大人の色気があると話題になっているようだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1568810/

    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【【芸能】有村架純、横顔写真の色気がすごすぎる】の続きを読む


    鈴木 砂羽(すずき さわ、1972年9月20日 - )は、日本の女優。静岡県浜松市中区出身。ホリプロ所属。 女子美術大学短期大学部中退後、文学座の研究生となる。 研究所卒業後の1994年に、映画『愛の新世界』で主演デビューを果たす。片岡礼子とともに日本映画史上初のヘアヌードシーンに挑戦し、一躍注目
    24キロバイト (2,669 語) - 2018年7月28日 (土) 23:36



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    この人あまりいい噂は聞かないね(笑)

    1 ひかり ★ :2018/11/13(火) 00:10:47.91 ID:CAP_USER9.net

    「何でわからないの!」

    突然聞こえてきた女性の絶叫に道行く人々も思わず振り返った。

    11月上旬の日曜日の夕方、東京都内でも人気の商店街付近での出来事だった。白のパンツにTシャツ姿で怒りに肩を震わせていたのは女優・鈴木砂羽(46)。
    そして彼女の剣幕に困惑気味な表情を見せていたのは、長い髪を後ろに縛ったイケメン男性。

    鈴木といえば、昨年はある事件で話題を集めた。

    「いわゆる“土下座強要疑惑”です。昨年9月に主演と初演出を手がけた舞台『結婚の条件』の公演直前に、出演予定だった女優2人が降板したのです。彼女たちは
    鈴木に稽古場で怒鳴られ土下座をさせられたと主張しましたが、鈴木自身はその事実を否定しています」(舞台関係者)

    この事件の真偽はともかく、この日の鈴木は迫力満点だった。

    「演技論がどうとか言ってもね!」
    「あなたは未来のこととか全然考えていない!」

    大音声で怒鳴り続ける彼女に対し、男性も必死に言い返しているよう。だが、劣勢は明らかだった。遠巻きに見守る人々も少しずつ増えていく。この現場にいた女性は言う。

    「鈴木砂羽さんのことはすぐにわかりました。最初は男性と仲が良さそうに歩いていたのですが、何か急に険悪な雰囲気になって、大喧嘩を始めたんです。
    相手の男性の正体も気になったのでスマホで検索してみたのですが……」

    なんと相手は鈴木が3年前に離婚した10歳年下の俳優・吉川純広(35)だったのだ。

    「別れたダンナさんとなぜ?と、思いました。でも鈴木さんが『何で信じてくれないのか』といった言葉を繰り返しているのを聞いていると、もしかしたらまだ
    愛情が残っているのかもしれないという気もしたのです」(前出・現場にいた女性)

    なんとこの押し問答は20分ほども続き、結局、鈴木と吉川は別々の方向へ去っていった。

    今回の路上での騒動について鈴木の所属事務所の担当者は次のように語った。

    「鈴木と吉川さんは現在では演技を通じた友人です。当日、鈴木は俳優の先輩として吉川さんを叱咤激励していたそうですが、時間がたつうちに、
    そういった状態になってしまったそうです」

    元夫は昨年大手プロダクションを辞め、個人事務所を開設している。そういった選択も鈴木には危なっかしく見えたのだろうか。

    3年前に公表された離婚の原因は《将来に対する展望の違い》だったが、友人同士になったいまもそれは解消されていないようだ。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00010000-jisin-ent


    【【芸能】鈴木砂羽 元夫と路上で大喧嘩&20分絶叫】の続きを読む


    吉田 (よしだ よう、2月3日 - )は、日本の女優。本名および旧芸名、吉田 右子(よしだ ようこ)。愛称は「ひつじ」。 福岡県久留米市出身。ORANKU(おらんく)所属。 福岡県久留米市で牧師の家庭に生まれ、兄2人・姉2人の5人兄弟の末っ子として育った。子供の頃からお芝居のマネをしたり人前で
    97キロバイト (12,878 語) - 2018年11月5日 (月) 10:10



    (出典 t2-workshop.com)


    確かに見ててドキッとした!!

    1 Egg ★ :2018/11/13(火) 08:37:44.86 ID:CAP_USER9.net

    女優の吉田羊(年齢非公表)がTBSドラマ「中学聖日記」(火曜後10・00)でバイセクシャルのキャリアウーマン原口律役を好演し、存在感を発揮している。第1話(10月9日放送)での中山咲月(22)演じるバーテンダー・青山更紗とのキスシーンでは視聴者を震撼させたが、本人も「『バイセクシャルの吉田羊』ニーズには、私自身も驚いています」と反響の大きさに驚いている。

     同ドラマは片田舎の中学校の新米教師・末永聖(有村架純)と、男子生徒・黒岩晶(岡田健史)の禁断の恋を描く物語。吉田が演じる律は、ヒロイン・聖の婚約者である川合勝太郎(町田啓太)の上司。律自身は更紗と付き合っていたが、破局後は徐々に部下である勝太郎に惹かれていく。第4話(10月31日)では勝太郎にキスするシーンもあった。

     まず、視聴者を驚かせたのは第1話のキスシーン。イケメンすぎる“ジェンダーレス女子”としてSNSで話題となっていた中山とのキスは、女性ファンを中心に大きな反響を呼んだ。吉田は「相手役の中山咲月ちゃんは『見目麗しく』、女性同士のキスシーンを圧倒的に美しく危うげに仕上げてくれました」とシーンを振り返り、「それが、視聴者の皆さんの求めるところと一致した。そして、バイセクシャル役ということで期待通りのシーンだったでしょうし、『あるとは思っていたけれどこんなに早いとは!』という動揺もあったでしょう(笑)」と話題沸騰の要因を分析。「今回の『バイセクシャルの吉田羊』ニーズには、私自身も驚いています」と本人も自身の新境地に驚きを隠せない。

     独自の人生観と価値観を持つ律を、まさに“怪演”で演じきっている吉田だが、「(律のキャラクターを)独特にしてしまったのは他でもない私自身で、そのキャラクターを堅持するために窮屈に感じることもあります」と苦笑い。「その窮屈さこそが原口さんの個性だなと、自分との違いを確認しながら演じています。例えば、本来ならばガッと感情を出し切りたいところを極限までこらえる。その表面張力のようにこらえたさまが原口さんらしい感情の昂ぶりに見えたらいいな、と思っています」と役作りの骨子を明かした。

     13日放送の第6話から物語は新たな舞台へ。中学生だった晶が18歳になり、禁断の恋の行方からますます目が離せない。吉田も「視聴者の皆様の反響を目にすると、我々の投げた石が確実に皆様の日々の楽しみになっているのだと感じることができます」と視聴者の熱を感じているといい、撮影が進むにつれて「原口さんが我ながら愛おしくて、あともう少しで終わってしまうのかと寂しくなってきました」と複雑な心境も。「勝太郎との恋の行方とともに、更紗との復縁があるかということも今後気になるところですね」と律目線の見どころを明かした。

    11/13(火) 8:30配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000065-spnannex-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】吉田羊 キスの相手に大反響!】の続きを読む


    永野 (ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。 東京都出身。スターダストプロモーション制作1部所属。雑誌『Seventeen』(集英社)専属モデル。 小学校3年の時に東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。
    42キロバイト (5,021 語) - 2018年11月2日 (金) 23:21



    (出典 pbs.twimg.com)


    だんだん名前が浸透してきてるね☆

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/13(火) 07:26:50.43 ID:CAP_USER9.net

     9月末まで放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」でヒロインを演じた永野芽郁さんが、来年1月にスタートする菅田将暉さん主演の連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演することが13日、分かった。永野さんは朝ドラ終了後、初の連続ドラマ出演で、ヒロインの女子高生・茅野さくらを演じる。

     ドラマは、菅田さん扮(ふん)する、2年前にある高校に赴任してきた3年A組の担任教師の柊一颯(ひいらぎ・いぶき)が、10日後に卒業を控える、茅野さくら(永野さん)らA組の生徒を人質にとり「最後の授業」を行うという学園ミステリー。柊は生徒たちに「今から皆さんは……僕の人質です」と告げ、生徒たちは遺書もなく数カ月前に自ら命を落とした“ある一人の生徒の死”の真相に向き合っていく……というストーリー。

     ◇茅野さくら役の永野芽郁さんのコメント

     卒業を直前に控えた高校3年生のヒロインを演じさせていただくことになりました。今回、演じる役柄は、私の「素」の部分とは大きく違い、内向的な性格です。高校生を演じることについては、最近(今年の3月)まで学生だったので不安はありません。私自身、卒業
    までの10日間は仕事で高校に行けなかったので、もしやり直せるとしたら、制服を着て、いつもの通学路を友達と笑いながら帰りたいですね。

     今回は菅田さんが演じられる先生がどんなふうになるのか想像もできないので、撮影がとても楽しみです。若い世代の方には今の自分と重ねながら見られる物語だと思いますし、それ以外の世代の方には、過去を思い返して、自分がなぜこの立場にいるのかなどを考えさせられるような物語だと思います。見る方それぞれに違ったメッセージを届けられるドラマになると思いますので、楽しみにしていてください。

    2018年11月13日 テレビ
    https://mantan-web.jp/article/20181112dog00m200039000c.html


    【【芸能】永野芽郁 来年の連ドラ決定☆の役どころは??】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    売れると大変だね・・
    そして可愛いと・・無理に主演とかさせなくても十分活躍できそうだけどね☆

    1 ひかり ★ :2018/11/12(月) 15:44:38.64 ID:CAP_USER9.net

    女優・吉岡里帆(25)へのバッシングが止まらない。

    きっかけは、主演映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の興行成績が振るわなかったこと。「吉岡里帆はなぜ嫌われる 映画惨敗で主演女優から転落危機」(日刊ゲンダイ)、
    「吉岡里帆、主演映画に「席がガラガラすぎて怖い」の悲鳴」(アサ芸プラス)などネガティブな報道が相次いだ。

    「たしかに吉岡さんが主演したドラマや映画の成績が芳しくないのは事実です。しかし、主演女優一人に責任を負わせるのは酷でしょう」(テレビ局関係者の女性)

    極めつけは『週刊新潮』の「人気女優吉岡里帆が映画もドラマも大コケした理由」という記事だ。吉岡の父が実はNHK大河ドラマのプロデューサーだという証言を掲載。それを明かさないのは
    「コネで起用されたくない意思表示」であり「上昇志向が強い」と吉岡を揶揄していた。

    しかし、これは誤報だった。『週刊女性』の取材に対し、NHKと吉岡の所属事務所双方が「事実ではない」と否定したのだ。前出のテレビ局関係者の女性も『週刊新潮』の記事に首を傾げる。

    「デマは論外ですが、もっと驚いたのは吉岡さんの水着グラビア経験についての記述。『女性からすれば、水着で媚を売っていたくせにあざとい、となってしまう』と書かれていますが、そうでしょうか? 
    いまは『モグラ女子』ブームで、グラビアをやりながらモデルや女優もやるのが普通。むしろ泉里香さん(30)や久松郁実さん(22)のように女性好感度が高い方も大勢います。
    グラビア経験をあげつらうのなんてオジサンだけですよ」

    「同性人気が低い」と報じられがちな吉岡だが、Twitter上では《女ですが好きですけど!?》《私は逆にカッコいいと思う》と、女性からも吉岡を支持する声は少なくない。そんな吉岡の今後について、
    小劇場時代から吉岡の演技を見てきた京都の演劇関係者はこう進言する。

    「吉岡さんの主演作はすべて見ていますが、どれも個性を消した窮屈な演技で非常にもったいない。小劇場時代もそうでしたが、彼女にはもっとハジけた役のほうが似合います。むしろ主演を降りて、
    『カルテット』で演じた“闇が深すぎる元地下アイドル”のような強烈な脇役で再ブレイクしてほしいですね」

    このバッシングの嵐も、吉岡にとっていい意味で転機だったと言える日はそう遠くないはずだ――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00010008-jisin-ent


    【【芸能】吉岡里帆 理不尽すぎるバッシング】の続きを読む


    田中 みな(たなか みなみ、1986年11月23日 - )は、日本の、女性フリーアナウンサー・タレント。元TBSアナウンサー。 1986年11月23日(午前10時54分)に、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にて出生、出身は「埼玉県朝霞市」である。 アメリカ合衆国にて出生したのでミドルネー
    22キロバイト (2,829 語) - 2018年8月8日 (水) 06:11



    (出典 joshiana-room.com)


    手続きが面倒ってのは何となくわかるけどな☆
    都会はよくわからない(笑)都会ってだけで、憧れるけどな☆

    1 きのこ記者φ ★ :2018/11/12(月) 13:58:31.12 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサーの田中みな実(31)が、10日放送のTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)で、
    自身が現在住んでいるという東京・港区に対するこだわりや愛情について明かした。

    この日は、「渋谷生まれ渋谷育ち」の「ホフディラン」小宮山雄飛(45)がゲスト出演。
    小宮山が「渋谷区の人は港区のコンプレックスがある。港区の方がちょっと高級っていうのが何となくあって…」と話すと、
    田中が「確かに」と反応し「私も港区から出たくなくて、引っ越し先も港区の中で考えています」と、自身が住む区へのこだわりを示した。

    「(引っ越して)区が変わると手続きがめんどくさい。役所に行かないといけないのもめんどうだし」と、こだわる理由を説明したが、
    小宮山から「港区のおんな、なんでしょ。杉並区とか嫌でしょ」と突っ込まれると
    「(杉並区が)嫌だっていうと、難しいところだけれど。渋谷区になるよりかは港区でいたいなという気持ちはちょっとある」と本音も。

    さらに、「広尾も『あ、ここから渋谷区か』って思うと、う~んって。素敵なマンションなんだけどなあって思って」と話すなど、その思いを一層強めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000092-spnannex-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】田中みな実、“港区のおんな”の強いこだわり】の続きを読む

    このページのトップヘ